塩麹のつくり方

この記事の重要度:

塩麹はアトピーの方に向く調味料です。麹菌が腸内環境を改善し、酵素が消化を促進。アトピー完治のカギとなる、痛んだ腸の修復に役立つからです。市販の塩麹は熱処理されていますので、自宅での手づくりがベスト。つくり方を紹介します。

野菜搾りかすの蒸しパン

この記事の重要度:

ニンジンリンゴジュースをつくりはじめてからというもの、毎朝驚くほどの搾りかすを捨てています。これが忍びない。まだたくさん栄養が残っているはずですから。全然「カス」じゃないから。というわけで、近ごろはこれを再利用する手をいろいろと探っています。

ニンジン搾りかす炒飯

この記事の重要度:

ニンジン搾りかす炒飯

ニンジンの搾りかすで、きょうは焼き飯をつくりました。そのレシピがこちら。ココナッツオイルで炒めると、なんだか南国風です。東南アジアのリゾート地あたりに漂うにおいがうちのリビングにも充満して、家族が鼻をひくひくさせていました。そういえば炒飯と焼き飯ってなにがちがうのかしら?

塩麹の漬け物

この記事の重要度:

塩麹の漬け物

塩麹はアトピー改善食です。麹菌の働きで、腸内の善玉菌が増えますし、麹菌がつくる酵素が消化を手助けしてくれます。腸内環境が整うのです。ですから、治るまでは毎日でも食べていいくらい。漬け物は手軽ですし、漬けて数時間で食べられますから、おすすめです。

アボカドサラダ

この記事の重要度:

アボカド

アボカドもアトピーの方にとても向く食材。わたしも食養生によくいただいたものです。いまでも週に1個は食しています。基本はわさび醤油。けれども、オイルなんかとの相性もバッチリです。糖質が少なく、脂肪分が豊富ですので、糖質制限中の方にもぴったりです。

大豆と昆布の煮物

この記事の重要度:

大豆と昆布の煮物

アトピーのからだに化学調味料は禁忌です。出汁は自分でとりましょう。昆布や煮干し、かつお節、干ししいたけは、わが家の常備品です。出汁をとった昆布は捨てないで冷凍保存しておきます。後日まとめて煮物やふりかけにしていただけば、食べ物を無駄にせずにすみます。さて、今回は煮物のレシピです。

大豆肉としめじのイタリアン炒め

この記事の重要度:

大豆肉としめじのイタリアン炒め

大豆のお肉でつくる、イタリアン風味の炒め物のレシピです。見た目以上、あなたの想像以上においしいのです。今夜はトマトソースパスタが食べたいの、といっていた妻も大満足してくれましたから。夜ふけにひとり、こそこそうどんを食べていましたのは知っていますが。