きのこのベータグルカンは、アトピーをやわらげる

この記事の重要度:

アガリクス

ベータグルカン(βグルカン)には、アレルギーを改善する働きがあります。アトピー完治以前の脱ステ期、リバウンドを乗り切るために、ベータグルカンを多く含むアガリクスや霊芝のサプリメントを服用していました。その効果について綴ります。

ニンジンリンゴジュースのつくり方

この記事の重要度:

アトピー完治を目標に掲げたわたしを強力に支えてくれたのは、ニンジンリンゴジュース。ビタミンとミネラルが豊富で、とくにベータカロテンの抗酸化作用がものすごい。飲めばデトックスが活発に。朝食抜きの食養生も、これで難なく乗り切れます。生活習慣病の予防や治療にも効果は大きいですよ。

カスピ海ヨーグルトを手づくりする方法

この記事の重要度:

アトピーやアレルギーの抑制効果があるといわれるヨーグルト。カスピ海ヨーグルトは効果てきめんでした。アトピーの原因となる痛んだ腸壁を修復し、善玉菌まで増やしてくれるのです。おかげで一気に便通改善。手づくり方法も解説します。

生姜紅茶と生姜湯の効果とつくり方

この記事の重要度:

生姜は免疫力を高め、デトックス(排毒)にも効果があります。アトピーの改善には欠かせない食材なのです。毎日口にする飲み物や料理に工夫して取り入れ、積極的に摂取したいところです。そんな生姜の効能を手軽に得られる生姜紅茶と生姜湯のつくり方を紹介します。

塩麹の漬け物

この記事の重要度:

塩麹の漬け物

塩麹はアトピー改善食です。麹菌の働きで、腸内の善玉菌が増えますし、麹菌がつくる酵素が消化を手助けしてくれます。腸内環境が整うのです。ですから、治るまでは毎日でも食べていいくらい。漬け物は手軽ですし、漬けて数時間で食べられますから、おすすめです。

飽きのこないオートミールの食べ方

この記事の重要度:

オートミール

アトピーが治るまでの100日間というもの、来る日も来る日もオートミールばかり食べていました。というと、ちょっとオーバーですが、レーズンを散らしていただくと、ほんとうにおいしいですからね。ほかにも食べ方はいろいろありますけれど、わたしがもっとも飽きのこなかったレシピをご紹介。

ぬか漬け、始めました。

この記事の重要度:

自家製のぬか漬け

アトピーの改善、完治にはぬか漬けがおすすめ。ぬか床の乳酸菌は植物性で、ヨーグルトやチーズの動物性乳酸菌より強く、腸に定着しやすいのです。彼らは腸内環境を整え、免疫細胞を刺激。アレルギーを抑えてくれます。