アトピーが治る過程

アトピーが治る過程

はなっちさん
2014年6月27日

本当にすばらしい内容のブログ、ありがとうございます。

勝手なお願いなのですが、イチローパパの治っていった過程といいますか、時系列でこんな感じだった……っていうのを記事にまとめていただけるとうれしいのですが。

参考までに、どうやって治っていくのか聞きたいです。

食事療法の効果が現れるまでどんな感じなのか。自分が今やっている方法、量で大丈夫なのか不安です。

勝手なお願いですが、たぶん皆さん気になるところだと思います。

治る過程ですか。うーん、ちょっと難しいご依頼ですね。

これまでにも何度かお答えしているとおり、最初の1か月ほどは一進一退で、その後ゆっくりと――気がつけば、ああだいぶよくなっているなあ、ということを何度か繰り返して改善していったという感じなのです。

わたしが実践したアトピーの治療方法は、正確にいうと「治療」でなく「体質改善」です。毒まみれの身体を浄化し、出せる身体をつくることでした。△週間でおでこのでこぼこが消え、△週間で肘と膝の裏の発疹が治まり、△週間目からじんましんがでなくなって……というような具体的でわかりやすい変化が順番にやってきたわけではありません。

明快なロールモデルがほしいというお気持ちはよくわかりますから、できればご期待に添うお返事ができればいいのですが……。ちょっと難しいです。

そういえば、最初の1か月間で、ひとつ強く記憶に焼きついていることがあります。開始から約4週間後のある日、大量の排便があったのです。この日は体臭や口臭もかなり気になっており(誇張抜きに、全身から便のようなにおいがしていました)、なんだなんだ、と首をひねっていたところ、夕刻から繰り返し強烈な便意に襲われました。便は、まっ黒で悪臭ふんぷん。ところが、これを境に、快方へ向かいだしました。

それまでに、

  1. 開始後1~2週間で、半身浴や運動でしっかり発汗できるようになった。
  2. 開始後3~4週間で、毎朝きちんと便意が訪れるようになった。

ということがありましたから、やはり排泄やデトックスの機能をとりもどすことが先決だと感じています。

ちなみに完治直後の状態ですが、湿疹やかゆみがなく、熟睡できるというものでした。色素沈着はもちろんありました。その後、少しずつ黒ずみが薄くなっていき、半年くらいかけてほぼ消えていったという感じです。

100日間の初日の症状ですが、もうずいぶん前のことではっきりと覚えていないのですが、首筋やおでこ、関節の内側、おしりなどを中心に炎症(湿疹、丘疹、びらん様のなかなか治らない傷、赤みなど)があったように思います。ただし重症だったころのように、皮膚がうろこ状に角質化したり、落屑があったり、全身の皮膚がかさついたりごわごわしたりはしていなかったはずです。

振りかえると、ああいう異常な症状の発現には薬が関与していたのだと思います。薬をやめたあとの悪化重症化(リバウンド)も想像を絶するくらい過酷で悲惨なものでしたし。

はなっちさん
2014年6月30日

すみません。無理なこと言いました。お返事の内容で大変参考になります。まずは、代謝排泄を活性化することですね!

私は一応毎日排便はあるのですが、いっつも午後からなのです。排泄の時間は、4時から12時までと何かで聞いたことがあるのですが、毎日排泄があっても、時間が過ぎてるので正常ではないのでしょうかね?

職場が寒すぎて、代謝がますます悪くなりそうな環境にいるので生姜紅茶常備でがんばります!

こちらこそお役に立てずすみません。完治した人たちの声がもっと拾えたらいいのですが。

午後に便意をもよおすのがいけないかどうかはわかりませんが、たとえ毎日便通があっても、黒っぽかったり、硬かったりする場合は腸内環境がよくない証拠です。

がんばってくださいね^^


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。