豆乳やドライフルーツ、ナッツはアトピーに効果がある?

豆乳やドライフルーツ、ナッツの効果

カークさん
2014年8月27日

一ヶ月ほど前にHPを見つけ、以来真剣に拝見しております。

私は4年間の非常に悪い食生活→自律神経の乱れ→不眠症→軽度のアトピーとなってしまい、偶然見つけたイチローパパさんのHPに感化されて治療しようと一念発起しました。

東洋医学に詳しい知人によると、自律神経は内臓と深く関わっているので、内臓を正常にすれば自律神経も正常に戻るかもしれない、とのことでした。

現在わたしは、朝食は青汁ヨーグルト(生蜂蜜入り)、夕食はキャベツ、たまねぎ、納豆、ヨーグルト(生蜂蜜入り)を取り入れています。昼食だけは弁当を作ってもらっているので、白米や冷凍食品、ソーセージ等を食べますがこれだけは文句を言えませんので……(汗)。

イチローパパさんに伺いたいのですが、以下は効果があると思われますか?

  1. 豆乳
  2. ドライフルーツ
  3. ナッツ
ご質問の件、アトピー改善に対する効果、ということでしょうか? だとして、あくまで個人的な見解ですが、

  1. 豆乳を飲んだからよくなる、ということはないと思います。大豆自体は良質のたんぱく質ですから、治療期もいまも納豆や味噌などの発酵食品はいただいていますけれど。ちなみに海外産大豆でできた豆乳を飲むと、どういうわけかわたしは軽い蕁麻疹が出ます(国産大豆は大丈夫)。
  2. ドライフルーツはビタミンやミネラルを含みます。が、アトピーにいい食べ物とはいえないと思います。糖質のかたまりですからね。食べすぎは厳禁。
  3. ナッツは栄養価が高く、腹持ちもいいのですが、食物アレルギーを引きおこしやすい食べ物です。やはり食べすぎはダメです。ちなみにくるみはアトピー改善に役立つ(オメガ3系)を多く含みます。反対にピスタチオやピーナッツなどはアトピーを悪化させる油(リノール酸)を多く含みます(くるみもですが)。ナッツも種類によっていろいろということかと。

当サイトの要諦は「食べて治す」でなく、「食べなければ治る」ですので^^

カークさん
2014年8月28日

「食べて治す」でなく「食べなければ治る」ですか。

1日2食と週一の断食、さらに良いものだけを摂ることで、腸を主とした内臓をまずは一掃する、というイメージですね。

よくよく考えてみると、朝食は固形を食べないとは言え、ヨーグルトは胃腸には重い気がしますので明日からは青汁だけにしてみます。

がんばってくださいね^^

PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。