口寂しい時、コーヒーブレイクやお茶請けに食べられるものは?

食べていいおやつ

だっちゃさん
2015年2月23日

お茶とかコーヒーを飲むときつい口寂しくなって、でも小麦食品やお菓子は良くないしなーと思い、最近では薄切りにしたかぼちゃトースターで焼いて、それをお茶うけ代わりにしています。あとアタリメを軽くあぶったやつとか(アタリメ食べてる姿は夫には不評です)。

口寂しいときに食べられる、なにかいいものはないですか?

ナッツはどうでしょう。じつはいま、ハマっています(笑)。

わたしも小麦がダメなので、クッキーやビスケット、スナック菓子など小麦食品はもう久しく口にしていません。そういうものへの欲求もナッツは満たしてくれます。しかも、糖質含有量がとても低い。アトピーの方、とくにグルテンフリー糖質制限中の方にかなりおすすめなのです。

大好物のくるみはアルファリノレン酸(オメガ3系脂肪酸)たっぷり。ひとつかみで1日の食事に必要な量くらいは軽く摂れます。

オメガ3は熱に弱いので、生にしています。生ナッツは日本では入手困難ですが、生ナッツをたくさん取り扱っているお店もあります。無添加のヘーゼルやマカダミア、アーモンドなどといっしょにまとめ買いしています。

ついでながら、フラックスシード(亜麻の種子)もおすすめです。オメガ3系脂肪酸たっぷり。ミネラルや食物繊維豊富で、糖質はなんとゼロ。そのまま生でぽりぽりかじると、ナッツ同様に炭水化物の代用品になってくれます。

だっちゃさん
2015年2月25日

イチローさんがナッツにはまっているとのこと。私も早速amazonで生クルミぽちってきました! クッキーやスナック代わりになるなんて素敵です(笑)。

ナッツなら手軽だし、その上オメガ3系も摂れるなんて……うれしい。

ちなみにアーモンドも生ですか? 私もむかしアーモンドにハマった時期があって、なんとなく素焼きの方がいいかなと思ってそちらを食してたんですが。

フラックスシードも買ってみます!

コーヒーブレイクやティーブレイクで茶請けがほしくなるのは人情。ですが、さすがにスナック菓子はまずい。そんなとき、ナッツは大活躍してくれます。罪悪感なく、食欲を充足させてくれます。

木の実は、何百年も昔からヒトが食していたものですから、からだになじむし、栄養価も高いです。が、その栄養を100%吸収するにはやはり生だ、というわけで、わたしはくるみのみならず、すべてのナッツを生で食しています。

その際に注意すべきは、生ナッツはよく咀嚼してから飲み込むということ。そうしないと、からだがうまく消化吸収できず、そのまま排泄されてしまいます。

そういえば、わたしも一時期、茶請け代わりにスルメを食べていたことがあります(笑)。でも、スルメはとことんおつまみです。到底、おやつ代わりにはなりません。けだし、コーヒーや紅茶にも合いません(笑)。

そうそう、フラックスシード(亜麻仁)は噛むと粘り気のでる、不思議な種子ですから、好き嫌いが分かれると思います。わたしも最初に食べたときは、「ん?」という印象でした。そのうち慣れて味わえるようになりましたけれど。

だっちゃさん
2015年2月27日

今日、くるみが届いてさっそく食べてみました。美味しいですね! 一掴みでは足りず3掴みぐらい勢いで食べてしまいました・・・。そんで誘惑に負けてちょっとだけハチミツを垂らして食べたらそれもまた美味でした^^

言われてみれば、木の実を昔から食べてきたというのはその通りですね。体になじむとか考えたこともなかったです。さすがです! イチローさんにナッツを教えていただいて、コーヒーブレイク問題も解決しそうですし、ご相談させていただいてほんと良かったです^^

しかしスルメはおやつに向かないというのは残念だ……(笑)。私はお酒を飲まないので、ほうじ茶やべにふうき茶などを飲むときのお供にしています。あ、あと糠漬けも始めたんですが、それもお茶請けにしています。うちの実家は田舎なので、ばあちゃんの家に遊びに行くと今でもお茶請けに漬物が普通に出て来るんですよ^^

こう書いていると、我ながらずいぶんと健康志向になったものだと感心しています(笑)。

ナッツ、わたしは塩をさっとふっていただいていますが、蜂蜜は思いつきませんでした。今度、試してみますね^^
関連記事





PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。