アトピービジネスとマルチ商法について

アトピービジネス

Tさん
2014年12月16日

高校生の息子が小さい頃からアトピーです。病院でステロイドの塗り薬と飲み薬をもらっています。何度かステロイドをやめようと思いましたが学校に行けないような顔になってしまい断念しました。

いいと聞けば必死で試してみましたが良くなりません。たくさんたくさん試しました。オメガ3、ビオチン、善玉菌等も3年弱飲みましたが変わらず。今はタヒチアンノニジュースを飲ませています。8ヶ月になりますが・・・。

諦めきれず何か方法はと探してこちらを見つけました。

オリゴ糖も乳酸菌サプリも飲ませてから2ヶ月になります。もちろん睡眠や食事の事もわかりますが、受験生なので寝る時間の確保は難しい状態です。食事は気をつけているつもりですが、買い食いをすることもあるし甘い物を我慢したくないようです。遅くに帰ってくると食べる元気もあまりありません。

知人からGN○○の○○バイタリティというのを勧められています。きっといいものだとは思いますが、金額がー。治るのならとも思いますが全部続けるのは無理で悩んでいます。

ご意見をお聞かせ願えればと。お忙しいと思いますがどうぞよろしくお願いいたします

タヒチアンノニジュースというのは、いつか知人に勧められたことがあります。たしか1本(1リットル)6000円だか8000円だかする、とんだ高級ジュースですね(笑)。そんなものを買う余裕は昔もいまもありませんので、今日まで記憶から完全に消し飛んでいました。

GN○○の○○バイタリティというのは初耳でしたので、ちょっと調べてみました。単なるサプリメントですね。

このサプリに含まれるビタミンやミネラル、オメガ3系脂肪酸がアトピー改善に役立つのはたしかですが、サプリはあくまで、栄養“補助”食品です。それだけで治る、ということはありえません。しかも、この商品は各成分の含有量が少なすぎます。おそらく、まったく効果はないでしょう。

そもそも、サプリ10~30日分で1万円以上というのはいかがなものか、と思いました。というわけで、この会社の実態を調べてみましたら、案の定、マルチ商法でした。知人の方は販売員なのだと思います。

アトピーは生活習慣病です。からだが発する危険信号です。いまの生活を続けるとまずいよ、と教えてくれているのです。畢竟、なにかを摂取したからよくなるのではなく、からだを毒するものをやめることでのみ改善、完治が見込めます。オリゴ糖やサプリにしても、腸内環境の改善を手伝ってくれるというだけで、それを服用したからにアトピーが治る、という代物ではありません。

本気で治そうというなら、食生活を見直すほかありません。急がば回れです。快方に向かうはずです。

なお、アトピーのツラさと甘いものを天秤にかけて、甘いものが勝つというなら、息子さんにとって、アトピー療養は時期尚早ということかもしれません。本人が本気になってとりくまないと、食養生はうまくいきません。いつかはそういう決心が芽生えることと思いますから、それまで待つほかないと思います。

ただ、抗原との暴露――接触回数が増えると、食物アレルギーのスコアがあがっていきますから、なるべく早くそのときがくることをお祈りします。

こんなお返事でお役に立てば幸甚に存じます。

Tさん
2014年12月17日

びっくりしました。すぐにお返事頂けてとても嬉しく思います。ありがとうございます。

わざわざ調べてくださって感謝いたします

そうですよね。マルチですよね。

は~。

わかってはいても本当にお子さんが良くなったという方もいらっしゃって・・・。

いろんな所からオメガ3は出ていますが、そこのは8種類すべてのオメガ3脂肪酸を配合しているそうで他とは違うといっていました。何だか説明を聞いていると治るのではーと思ってしまって。

どんなに良くても続けられないとダメなのはわかっています。

タヒチアンノニジュースもものすごく高価で辛いのですが、これもマルチの仲間なのかと思ったりしています。輪屋さんでいいと聞き、始めたものです。もしかしてこれも考え直した方が良いのでしょうか?

洗剤も飲み水もシャワーも布団のダニ取りも――いろいろやっているのに。でも本当におっしゃる通り、本人の強い意志がないとうまくいく訳がありません。でもでも掻き続けている息子を見ると胸が苦しくなります。こんなふうに産んだのは私なのでどうにか良くなる方法をと藁にもすがる思いでいます。

ichiroさんのブログはとてもわかりやすく参考になります。悩み続けくじけそうな中で、ichiroさんからのわかりやすいご丁寧なお返事~~~。どうにか頑張ろうと思います。一生懸命ichiroさんのブログを拝読しできることからコツコツやって行きます。

ありがとうございました。

いえいえ、とんでもありません。たまたま遅くまで仕事をしていて、寝つけずに起きていただけです(笑)。

アトピーのお子さんをもつお母さん方には、Tさんのように、「子どもが苦しんでいるのは自分のせいだ」という自責の念をお持ちの方が少なくないようです。が、出産前に乱暴な食生活をしていたのでもなければ(赤ちゃんは、分娩時のお母さんの腸内環境をそのまま引き継ぎます。腸は、ヒトの免疫の中枢です)、原因はわたしたちが暮らす、現代の生活環境にあります。

食べ物をはじめ、さまざまなものが変質したり汚染されたりしていますからね。病院で安易に抗生物質(腸内細菌叢をかく乱します)を処方することも問題視されています。とにかくあまりに変化が急激すぎて、ヒトの肉体が適応しきれていないのです。アトピーだけでなく、さまざまな生活習慣病が増えつづけているのも、そのためです。

だから、ご自分を責める必要などない、とわたしは思いますよ^^

ただ、親としてなんとかしてやりたい、というお気持ちはとてもよくわかります。

うちの娘も、外食が続いたり、スナック菓子を食べたりすると、すぐに肌に出ます。アトピーではありませんが、小さいころからデリケートな体質です。パパ、ここにブツブツができたの、とか悲しそうな顔でいわれると、自分の場合の数十倍、数百倍も胸が痛みます。

ちなみに、妻が小児科や皮膚科に連れていくと、いまでも判で押したようにステロイドです。使いません。口に入れるものに気配りしていれば、すぐよくなりますから。

でも、わたしにこういう体験がなかったら、と思うとぞっとします。たぶん、アトピッ子ちゃんのできあがり、という展開だったはずです。

そう考えると、つらい体験でしたが、ムダではなかったのだ、と自分をなぐさめることができます(笑)。

関係ない話をだらだらと書いてしまいましたね。

息子さん、高校生の男の子だと、このブログにあるような厳しい食事療法は荷が重いと思います。食べ盛りですからね。低栄養になっても困ります。

ごていねいなお返事、どうもありがとうございました。

Tさん
2014年12月18日

優しいお言葉、心にしみました。

なかなか他の人にはわかってもらえず悲しい気持ちでいたので、あまりに嬉しく泣いてしまいました。

図々しくて申し訳ありませんが、もう一つよろしいですか。「健康365」という雑誌にもよくアトピーのことが載っていますが、どうなのでしょうか? 美肌精油ジェルは中学生の時に何本かつけましたが、よくはなりませんでした。ずっと続けたらいいのかもしれませんがかなりの出費で無理でした。

その本に載っている「マネタケの赤い粒」、気になっています。良くなるって載っているんです。これについてはどうお考えでしょう?

何度も申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

その雑誌、わたしは読んだことがありません。「マネタケの赤い粒」というのも初耳です。調べてみましたが、よくわかりませんでした。。。

ただ、きのこの成分だけで治る、ということはやはりないのではないかと思いますよ。昔、きのこ系のサプリを飲んでいた時期があります。1か月1万5000円くらいの出費でした(有名メーカーの市販サプリですから、アトピービジネスではありませんが、いま考えると高すぎますね)。1年以上続けました。よくなりました。当時は、効いた、と思っていました。いま考えると、食事に気をつけたのと毎日のジョギングの成果だと思います。

まあ、多少は改善に貢献してくれたのかもしれません。なにしろ、信じて飲んでいましたから。イワシの頭と同じです(笑)。

息子さん、よくなられることをお祈りしています。

さいごに

これまではわたしは、アトピービジネスに引っかかる方の心理や過程がよくわからなかったのですが、Tさんとやりとりするなかで消費者心理が垣間見えたような気がします。

アトピーの子を持つ親御さんの自責の念、心の隙間に上手につけこむのですね。そのご家庭に経済的余裕があることと、身近に販売員がいる、ということなども条件なのかもしれません。

ただ、食事制限や運動などの面倒で大変なことを避け、他者や健康食品にすがるという、被害者側の不見識と思考停止にも問題があると感じました。社会は、需要と供給で成り立っていますからね。アトピービジネスは決してアトピーの緩解をもたらしませんが、「希望」という価値を提供しているのかもしれません。


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。