カンジダ症の場合、野菜ジュースや果物ジュースはやめるべき?

カンジダ症に野菜ジュースや果物ジュースはNG

Mさん
2018年5月5日

私は幼少期からアトピー持ちで十年ほど前ストレスからか眠れないほど悪化。現在は、服も着られないという程ではありませんが、浸出液が出ることも多い状態が何年も続いております。

ステロイドはほぼ使っていませんが、痒みがキツいと余計よくない食べ物お酒に走り、今は逆流性食道炎や掌蹠膿疱症もあるので(お医者様によっては汗疱ではと言われることも)、改めて食事に気をつけようと思い、少食、生野菜アルコール断ち等できることから始めて1ヶ月ほど経ちます。

生姜パウダー入り紅茶もよく飲んでいますが、刺激性のある生姜とカフェインを含む紅茶ということで今は控えた方がよいでしょうか?

安物だからか私の購入するりんごはあまり美味しくなく(笑)、面倒なのもあり、人参りんごジュースがなかなか続かないので、青森のお勧めのりんごジュースを注文。人参りんごジュースを作りたいと考えています。

カンジダのことを考えると、今の私は糖分のあるりんごジュースもやめておいた方がいいですか? 1日3分の1本とか半分の500mlくらいなら大丈夫でしょうか?

あと、生蜂蜜も一緒に注文してしまいましたが(笑)、同じく控えた方がいいと思われますか?

生姜は積極的に摂っていました。軽い食物アレルギーになったくらいです(涙)。生姜紅茶もよく飲んでいました。当時は身体の芯から冷えていました。生姜は身体を温めるのにずいぶん役立ったように感じています。

ちなみに国産の生姜を毎回、自分ですりおろしていましたよ。加工食品は便利ですが、わたしは買いません。添加物が入っていることが多いし、製造工程が見えないし、原材料の品質がわからないからです。それと世間で言われる生姜の利点の多く(抗酸化作用、殺菌作用、免疫力アップなど)は「生」の生姜によるもののようです。

糖質の摂取については、どの程度なら大丈夫というのは人それぞれだと思います。

たとえば甘いものをガツンと摂っても、激しい肉体労働や運動をすれば身体がすみやかに使い切ってしまうかもしれません。そうでない場合、体内で余って害をなすこともあるかもしれません。お仕事の内容や運動量といった生活面、体格や代謝効率、消化力などのフィジカル面、さらにメンタル面まで考慮すると個人差がかなりあります。一概にこうすればいいということはいえないと考えています。

ちなみにニンジンリンゴジュースはわたしのアトピーを癒やしてくれたと感じています。

わたしは日記をつけていましたよ。飲食物を漏らさず記録し、身体の変化も注意深く観察して書き留めておくのです。あとから見返すとそのときは気づかなかった発見がいろいろありました。計画の修正も容易でした。

以上、お役に立てばうれしいのですが、あまり参考にならないかもしれません。どうかお大事になさってくださいね。1日も早くよくなられることをお祈りしております^^

関連記事





PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。