ココナッツオイルやヨーグルトを使ったスキンケアのコツ

ココナッツオイルによる保湿

この記事の重要度:

アトピーのスキンケアに高価な化粧用オイルや保湿剤はもう必要ありません。ココナッツオイルはかぶれにくく、抗菌・抗カビ・抗ウイルス作用が強いうえ、排毒効果も高いのです。ヨーグルトを利用する手もあります。乳酸菌の働きで、肌の調子を整えてくれます。

わたしは昔、皮膚科で保湿剤――ワセリンやヒルドイドをもらっても大概は捨てていました。たまに気が向いて塗布しても、反対にかぶれることが多かったからです。

入浴時はナイロンタオルでゴシゴシ、そのあとは塩でゴシゴシ。まるで因幡の白うさぎのようですが、アトピーの改善因子が悪化因子をうわまわっているときは、肌状態はよくなります。反対であれば、悪くなる。

が、そうはいっても肌荒れがひどいときは藁にもすがりつきたくなる。いろいろと試していくなかで、独自に発見し、しばらく使っていたものが2つあります。

ココナッツオイルはスキンケアや保湿に効果大

ココナッツオイル

有機栽培のココナッツを搾ったオイル。454gで8.4ドル前後でしたから、敏感肌用の化粧オイルよりよほど安いですね。オリーブオイルも化粧オイルとして使われますが、ココナッツオイルのほうがかぶれることが少ないようです。さらに酸化しにくいため、紫外線対策にも効果があるのです。抗細菌、抗ウイルス、抗カビ作用もあります。

料理に使用するために買ったのですが、購入前にいろいろ調べていたら、南の島の人たちは日焼けどめとして、あるいは皮膚炎の治療薬として、ココナッツオイルを昔から全身にすりこんでいると知りました。さらに南国のエステシシャンたちはマッサージオイルとして利用しているというのです。

ココナッツオイルは浸透性が高く、肌に塗布すると皮膚から体内へすっと入りこみます。その後、老廃物を血中へ溶かしだして、肝臓で解毒されて排泄されたり、皮膚から排出されたりするそうです。このことは研究によって立証ずみです。

というわけで、ある日の午後、ジョギングのの直前に上半身に塗ってみたのでした。

ジョギング、筋トレとすませてお風呂に入ると、いつものように大量の汗をかきます。その汗がいつもと違うのです。ぽたぽたとお湯に滴り落ちる汗は白濁していて、いつまでも煙のようにお湯のなかを漂っている。お湯がどんどん濁っていきます。どうやら多量の老廃物を含んでいるように思える。入浴後の肌はいつもよりずっとしっとりしていました。

油を外側から供給しつづけていると、そのうち身体の皮脂腺がボイコットを始め、退化してしまうのではないかと考えていますので、ココナッツオイルを毎日用いることはしませんでした。

ココナッツオイル同様、ヨーグルトもスキンケアと保湿に使える

カスピ海ヨーグルト

手づくりのカスピ海ヨーグルト。以前は毎日食べていました。

次はココナッツオイル以上にスキンケア効果を感じたものです。

ヨーグルトです。カスピ海ヨーグルトをある日、上半身に塗ってみたのです。

皮膚は「内臓の鏡」「第2の腸」なんて呼ばれます。肌の状態はそのまま腸粘膜の状態なのだろうとわたしは考えています。腸にいいものならひょっとして肌にもいいのではないか、手づくりヨーグルトを前にある日、こんな疑問がふつふつと湧いてきたのです。それで、えいやっ、とばかりに塗りたくってみたわけです。昔から傷の治療薬に蜂蜜を用いたりしますので、さほど異常な行動ではないと思っています(笑)。

みごとに効果がありました。

炎症部の赤みがとれ、皮膚の状態がしっとり落ち着いてきたのです。傷の治りが早まったように感じました。乳酸菌が炎症を悪化させる細菌(黄色ブドウ球菌など)を食べてくれたのでしょうか。どういう理屈かさっぱりわかりませんが、とにかく1週間ほどで肌は見違えるようによくなりました。妻がわたしの背中をさすったとき、「あれ、すべすべ」と驚いていたのを覚えています。

それ以降、肌が荒れてきたな、と感じたら、冷蔵庫から取りだして、さっと塗っていました。かゆみ対策にもなります。が、難点が2つあるのです。

  • 乳くさくなる。
  • 頭皮には使えない。

においが強いため、外出の予定がある場合は使えないのです。頭皮のかゆみフケが気になっていたのですが、頭にもさすがに使う気になりませんでした。

効く効かないにはもちろん個人差があると思います。が、ココナッツオイルとヨーグルト、妙薬です。一度、お試しあれ。

さいごに

アトピー肌のお手入れには、ほかにも竹酢液や木酢液ひまし油を使う方法や、昔から伝わる自然療法(野菜やお米の力を借りる方法)があります。安全かつ安心。よろしければお試しください。


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。