アボカドサラダ

「アボカドサラダ」のレシピ

この記事の重要度:

アボカドもアトピーの方にとても向く食材。わたしも食養生によくいただいたものです。いまでも週に1個は食しています。基本はわさび醤油。けれども、オイルなんかとの相性もバッチリです。糖質が少なく、脂肪分が豊富ですので、糖質制限中の方にもぴったりです。

アボカドをひとつ、入手しました。

それを手にしながら、さて、わさび醤油で食べようかしら、などと物思いにふけっていると、妻がキッチンへやってきて「わたし、アボカド好きじゃない」といって、またどこかへ去っていきました。

アボカド

かわいそうなので、おいしくいただく方法を考えてみました。あ、かわいそうなのは妻でなく、アボカドのほうです。

用意するもの

アボカド1個、レッドキドニー水煮缶(120g)、アスパラガス2本、ナンプラー小さじ1杯、豆乳ヨーグルト大さじ2杯、天然塩

アボカドサラダのつくり方

①アボカドを半分にカットして、種をとり、皮をむき、ダイス状にします。

アボカドを半分に

②アスパラガスを4センチほどに切り、2分ほど塩茹でします。

③ボールに材料と調味料を全部入れて、混ぜ合わせます。

アボカドサラダ

美味です。アボカドのこってりと、豆乳ヨーグルトと金時豆のさっぱりがみごとに調和しています。アトピーの方もグルテンフリーの方も糖質制限中の方も安心して食べられます。豆乳ヨーグルトがないときは、ココナッツオイルを使ってもOKです。エキゾチックな感じになります。金時豆というのは、レッドキドニーのこと。クセがないので煮込みにもぴったり。好きで、よく使っています。

食事の最中、妻がじいっとわたしの手元を見ていました。どうやらアボカドサラダに興味津々な模様。お皿を手渡しながら「食べる?」と聞くと、黙って受けとって、なにやら神妙な顔つきで食べはじめました。

飲みこんだあとで、「うん。これなら食べられるわね」とコメント。食べられる? それはおいしくはない、という意味なのだろうか。気になるので、「弁当に入れてもいい?」と聞いてみると、「はい」という答えが返ってきました。

なんだ、おいしいのか。「おいしいならおいしいと言いなさい」そう言うと、また「はい」と答えて、残りを全部平らげてしまいました。


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です