大豆肉としめじのイタリアン炒め

「大豆肉としめじのイタリアン炒め」のレシピ

この記事の重要度:

大豆のお肉でつくる、イタリアン風味の炒め物のレシピです。見た目以上、あなたの想像以上においしいのです。今夜はトマトソースパスタが食べたいの、といっていた妻も大満足してくれましたから。夜ふけにひとり、こそこそうどんを食べていましたのは知っていますが。

今日はお昼どき、妻から何度もメールが届きました。

今夜はパパのパスタが食べたい、というのです。

彼女はイチローパパ特製パスタの大ファンです。喫茶店の自家製ナポリタンよりも、イタリアンレストランの人気のトマトソースよりもおいしいといってくれます。それどころか、これが食べられるだけで結婚してよかった、とまでいいきります。

が――。

今夜はすでにご飯を炊いてしまいましたので、パスタはあきらめてもらいました。

代わりといってはなんですが、イタリアン風の味つけで炒め物をつくってみました。ソイミートを使っていますから、お肉が恋しいという、アトピーを治すための食事制限にとりくんでいる方にもおすすめのメニューです。

トマトはナス科の野菜ですので、食べすぎると腸粘膜を痛めます。ナス科野菜に含まれるレクチンのしわざです。アトピーが治るまではご注意くださいね。でもこのレシピは、グルテンフリー糖質制限に対応していますよ。

用意するもの

大豆肉としめじのイタリアン炒め

ソイミート30g(乾燥)、しめじ1房、トマト1個、トマトピューレ100g、ニンニク一片、天然塩、乾燥バジル、乾燥オレガノ

大豆肉としめじのイタリアン炒め、のつくり方

①ソイミートをお湯で戻します。
②そのあいだにトマトを乱切りに、ニンニクを薄切りにし、しめじはほぐします。
③フライパンで(オリーブオイル)を熱し、弱火でニンニクを炒めます。
④香りが立ったら、しめじを炒め、ソイミートを入れてまた炒めます。
⑤バジルをふりかけ、塩をふります。
⑥トマトを投入し、トマトにオレガノをふりかけます。
⑦トマトがへらで押して潰れるくらいになったら、ピューレを足します。
⑧2~3分煮たら完成です。

大豆肉としめじのイタリアン炒め

ピューレはなくてもOK。あるとコクが増します。トマトの風味が濃厚です。食事しながら「トマトパスタが食べたかったからうれしい」と妻はほくほく顔。ふふっ、狙いどおりです。写真の緑色のものは冷蔵庫に残っていた、茹でたアスパラガスです。直前に思いだし、最後に追加しました。

PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です