野菜たっぷり中華あんかけ丼

「野菜たっぷり中華あんかけ丼」のレシピ

この記事の重要度:

野菜たっぷり中華あんかけ丼のレシピをご紹介しています。それにしても、あんかけってうまい。風邪をひいたときなんて最高です。からだがぽかぽか温まって、そのまますやすやと夢のなかへ旅立ってしまいます。わが家の冬の定番。あ、夏はほとんど食べません。あしからず。

わが家はみんな、あんかけが大好物です。

風邪をひいた日の食事は、菜っ葉入りの、出汁をきかせたあんをおかゆにかけますし、温そばのつゆにはとろみをつけることが多いです。

今夜の野菜炒めも、中華風あんかけにしていただきました。

野菜はいつも、冷蔵庫にあるものをテキトーに放りこみます。

用意するもの(3人前)

中華あんかけ丼の具

ソイミート30g(乾燥)、生姜一片、ネギ10センチ、野菜いろいろ、合わせ調味料(400cc、無添加のスープの素小さじ2杯、しょうゆ大さじ3杯、大さじ2杯、甘味料小さじ2杯)、水溶き片栗粉(水と片栗粉を各大さじ2杯)

グルテンフリー対応食です。かたくり粉を使いたくない場合、グァーガムなどで代用できます。甘味料は砂糖でなく、エリスリトールなどを使いましょう。ナス科の野菜は、アトピーが治るまでは控えるのがベター。消化吸収によくありませんし、腸粘膜を痛める心配もあります。

野菜たっぷり中華あんかけ丼のつくり方

①ソイミートをお湯で戻します。
②野菜をカットします。今夜は、小松菜、なすび、おくら、ニンジンです。
生姜をすりおろし、ネギはみじん切りにします。
④フライパンにココナッツオイルかオリーブオイル)を熱し、生姜とネギを炒めます。
⑤香りが立ったら、ソイミートを入れて炒めます。
⑥野菜を、固めのものから順番に投入していきます。
⑦野菜がしんなりしたら、合わせ調味料を入れて、煮ます。
⑧十分に火が通ったら、いったん火を止め、水溶きかたくり粉を入れます
⑨強火で煮立たせて、とろみがついたら完成です。

野菜たっぷり中華あんかけ丼

なし、野菜オンリーですけれども、病みあがりで食欲減退中の娘がガツガツ食べてくれました。食事制限中によく食べていたレシピです。いまもたまにいただいています。

PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です