きのこのあんかけそば

「きのこのあんかけそば」のレシピ

この記事の重要度:

きのこ類には、ベータグルカンが含まれています。ベターグルカンは、アレルギーを抑える効果があると目されている成分。アガリクスなどでおなじみですから、ご存知の方も少なくないと思います。というわけで、今日はきのこをふんだんに使ったあんかけそばのレシピをご紹介しましょう。

妻がなめこを買って帰ってきました。

3パックもあります。3パックでいくら、という特売品だったそうです。じつは一昨日、イチローパパもしめじと舞茸を買いました。

というわけで、わが家では現在、きのこがそろい踏み。

この季節には不似合いですけれど、きのこを使ったあんかけそばをつくることにしました。

きのこにはアレルギーの抑制効果があるベータグルカンが含まれています。アトピーいい食べ物ですので、完治をめざす方にはぜひ召しあがっていただきたいひと品。グルテンフリー実践中の方も食べられます(おそばは十割にしてくださいね)。

おいしいのですが、イーストコネクション(酵母の食物アレルギー)の方はきのこに注意。食事のあとに不調を感じたら、控えてくださいね。

用意するもの(2人前)

きのこのあんかけそば

おそば160g(乾麺)、無添加のめんつゆ600g、きのこ(しめじ、舞茸、なめこを半パックずつ)、小松菜ひと束、ネギ15センチ、生姜一片、水溶きかたくり粉(かたくり粉大さじ1杯、大さじ2杯)

きのこのあんかけそばのつくり方

①小松菜を2分ほど塩ゆでして、食べやすい大きさに切ります。
②ネギはみじん切りにして、生姜はすりおろします。
③鍋にめんつゆを入れ、火にかけます。
④沸騰したら火を弱め、きのこを入れます。
⑤きのこを煮るあいだ、おそばを茹でます。
⑥きのこが煮えたら、火を止めて、水溶きかたくり粉を入れます。
⑦ふたたび火にかけ、とろみがついたらOK。
⑧茹であがったおそばにあんをかけ、小松菜とネギ、生姜を乗せます。

きのこのあんかけそば

妻は風呂あがり、汗だくになっておそばをすすります。イチローパパは料理中からすでに汗みずくです。生姜のおかげで身体の芯から温まり、さらに汗が吹きだします。まるで半身浴をしたみたい。きのこが苦手な娘は唯一、別メニューのからあげやメロン、ゼリーを涼しげな顔でほおばっていました。

PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です