夏野菜のナポリタン

「夏野菜のナポリタン」のレシピ

この記事の重要度:

夏野菜のナポリタンです。文句なしにうまいです。イチローパパのお墨つき。お肉は使いません。もちろんウインナーも。でも、お野菜のうま味を吸いこんだパスタは絶品。何度も何度もつくりました。なお、アトピー対応食&改善食をご紹介しているコーナーなのですが、今回ばかりは腸が元気になってからお楽しみください。

昨日に引きつづき、今日も涼しい一日でした。子どものころよく耳にした、「こりゃ、天然のクーラーだなあ」という父の口癖を思いだします。

夏野菜の季節もそろそろおしまい。過ぎゆく夏を偲んで、今宵は夏野菜のナポリタンをつくることにしました。

トマトとこしょう(ナス科の野菜に含まれるレクチンは腸粘膜を傷つける)や、ケチャップ(砂糖たっぷり)を使いますから、アトピーを治すための食事制限を実践されている方は半人前くらいにしておいてくださいね。

用意するもの(3人前)

夏野菜のナポリタン

パスタ300g(グルテンフリーなら玄米パスタ)、夏野菜いろいろ、トマト2個、ニンニク2片、オリーブ油小さじ1杯、白ワイン大さじ3、ケチャップ、塩と黒こしょう、乾燥バジル、乾燥オレガノ

夏野菜のナポリタンのつくり方

野菜をカットします。
②ニンニクを薄切りにします。
③パスタを茹でながら、フライパンに(オリーブ油)を熱し、ニンニクを炒めます。
④香りが立ったら、夏野菜を固いものから順に投入していきます。
⑤野菜が炒まったら、塩こしょうをし、バジルをふりかけます。
⑥混ざったら、白ワインをまわしかけます。
アルコールを飛ばしてから、トマトを入れ、オレガノをトマトにかけて、しばらく弱火で煮ます。
⑧茹であがったパスタをフライパンへ入れ、ケチャップと黒こしょう、バジルをかけ、混ぜ合わせます。

夏野菜のナポリタン

週末、田舎から届いたばかりの新鮮な野菜たちです。一つひとつの野菜が、舌のうえで個性豊かに踊ります。それぞれがちがった風味を楽しませてくれるのです。

妻の大好物です。食事中、娘に「わたしたち、幸せよ。こんなにおいしいパスタをつくれるパパはいないんだから」と力説しています。イチローパパがニコニコしながら聞いていると、娘が「でも、Yくんちのパパはもっとおいしいものつくれるんだよ」

不意打ちでした。

胸にぐさりと突き刺さりました。しかし考えてみたら、Yくんのパパは料理なんてまるでしない人なのです。なんなんでしょうか……。

パスタがちょっと塩辛くなってしまいました。


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です